民家再生とリノベーション

 奈良市郊外にある築100年の古民家です。玄関脇の応接間として使われていた部屋の床、壁、天井をめくり、床は畳敷きに掘りこたつを設け、壁はしっくい鏝むら仕上げにしました。天井は梁や束、貫を表しの勾配天井とし、壁と同じしっくいで仕上げました。  わたしたちの自宅です。
 お年をめしたご家族のために、なるべく古い町家の雰囲気をそのままに、車いすの生活になっても使い勝手のよいようにと改装しました。  時には間仕切り、時にはオープンに使うという古い民家の知恵を活かして新しい家とは異なる魅力いっぱいの味わいのある家になりました。